Info

お知らせ情報いろいろ。

“I’ll Fly Away”

150411
何年か前に、ミョン(オダギリミホ)が、I’ll Fly Awayというセイクレッドソング
(神を讃える歌で、賛美歌よりもっと牧歌的なもの)に日本語の歌詞を書きました。
彼女のおばあさんが亡くなったとき、その亡がらの前で歌ったそうです。
この曲は、自分が死んだあと、その先には喜びがあるだろうと歌っています。
その歌詞を自分なりの言葉で書いたミョン。
それは、大切な人が亡くなって、苦しかっただろうに、辛かっただろうに、と
悲しむ残された私たちの荷を下ろしてくれるようでもあります。
あのひとが、悲しみながらあちらへ行かなくてよかった、と。
亡くなったひとからの贈り物みたいな曲です。

「なんて気持ちのいい朝だろう 今日行くよ
雲の向こうの明るいところへ I’ll fly away
I’ll fly away, Oh glory
もう行くよ (in the morning)
言うこと聞かなくなった身体とサヨナラ I’ll fly away

辛いことも痛いこともない場所へ
情けないことも不甲斐ないこともない場所へ
ずっとずっと愛する人たちよ
いつかあちらでまた会う日までちょっとバイバイ」

私たちは、生きている中で生と死、喜びと悲しみを経験しますが
最近は生と死に向き合う事が多くなって
今年(2015)はとくにこの歌の意味をより強く感じるのです。
そして先日、横浜ジャグバンド・フェスで演奏したものを映像に撮って下さった方がいて、
それを観ていたら、毎日描いているミョンの絵日記を見ているようで
その絵日記は生きるということに日々正面から向かい合っているのだと感じたのです。
生きて、死んでいく。そしてまた生まれる私たち。そして生きていく。
そんな人生に寄り添うことのできる、音楽。
時々、人間のつくるどうしようもないものが嫌になるけど、
素晴らしいものもたくさんあるんだ。
それを信じて、私たちは生きていきたいのです。

横浜ジャグバンド・フェスティバルを主催されているMooneyさんの奥さまが亡くなってから一年。
追悼の意を込めて今年のフェス(2015)で歌ったときの映像です。
Kitchen sisters with suemarr / I’ll Fly Away
http://youtu.be/6rF4tM8Qh0A

*オダギリミホの絵日記はこちらでご覧頂けます。毎日更新中! 続きを読む

カテゴリー: Info | “I’ll Fly Away” はコメントを受け付けていません。

オダギリミホ 絵日記展 2013 vol.2 at ヤマウシ小屋

hp_130722
今年もヤマウシ小屋での絵日記展を開催します。
ヤマウシ小屋は優しくってしっかり者の店主「あっちゃん」がひとりで切り盛りしている食堂。
丁寧に愛を込めて作られたごはんはおいしいし、お店の隅々にまで居心地の良さが漂っています。
そんなあっちゃんは、私の絵日記の大きな読者でいてくれます。
1年前の展示で、営業中やお店終わった後のひとりの時間にいつも楽しんで見ていてくれるのがよくわかっていたから、
搬出して帰ってきた絵日記のパネルたちが愛に包まれてほかほかとあったかくなってるような気さえしたのでした。

‥‥さて、展示の見どころですが、ひとつ、「母の愛」というテーマでまとめた一角を作ろうと思っています。
1年程前、自分にはいわゆる母性が足りないんじゃないか、と書いた日記があります。
「可愛くて可愛くて、チュ~ばっかりしちゃいますよね~」って同じ年の子を持つママに言われて、はっとしたのです。全然してなかったから。
それまで漠然と、お産を経ると自動的に母性ってものがやって来るのかと思っていたのです。でもそうじゃなかった。
2年経って、その「母性」的なものがどう変化していったかを見て取れるようにしてみようと考えています。

また、今回はご希望の絵日記のページのプリントアウトにも対応致します。
まだまだ描くことが尽きない3年目の日々を、ヤマウシ小屋で、ぜひ、ご覧いただきたくご案内致します。
現在もtwitterfacebookにて発信中です。

【オダギリミホ 絵日記展 2013 vol.2 at ヤマウシ小屋】
9月14日(土)~10月19日(土)
営業日、営業時間は変則的です。ヤマウシ小屋ブログでご確認ください。

〒240‐0113 神奈川県三浦郡葉山町長柄888-5
tel.046‐874‐5279(11時~21時)

※飲食店となりますので、ご覧いただく際にもご注文をお願い致します。
また、小さなお店ですので、12-13:30頃は込み合い入店できない場合もございます。どうぞご了承ください。

※在店日(予定) 9/14(土)、9/20(金)、9/28(土)、(未定10/4(金))、10/19(土)3時~。
(10/19以外は2時頃から在店します。)急な事情でいけなくなることもありますが何卒ご了承ください)
また、可能な限りお会いしたいと思っておりますので、在店日以外でもぜひご一報を頂ければ幸いです。

お問い合わせ オダギリミホ
【E-mail】myon☆duco.jp(☆を@に変えてください) /【Twitter】@myonSSD /【facebook】オダギリミホ
2013myonhpjpg 続きを読む

カテゴリー: Info | オダギリミホ 絵日記展 2013 vol.2 at ヤマウシ小屋 はコメントを受け付けていません。

「HEARTS AND FLOWERS」大社優子 写真展

シスターズの大社優子です。このたび、写真展「HEARTS AND FLOWERS」を
外苑前のタンバリンギャラリーで10/9-14まで開催します。

ある友人が日々生ける花を一年かけて撮ったものです。
生花だけではないですし、華道家のように人に見せるためではないので、生ける、という表現があまりしっくりこないのですが、
自分の写真の世界と少し似た部分を感じ、気になって撮り始めた花々です。

その世界には、寂しさがあります。
以前、個展を開いたときに、相棒のみょんちゃんが私の写真について語ってくれたことがありました。
それは、「ひとりぼっち」の感覚がそこにあるということでした。とても言い当てられたような気持ちでした。

それがどこからやってきたのか、楽しめなかった子供時代のせいなのか、
写真を撮るという行為そのものが孤独だからなのかわかりませんが、
これまで写真を撮ってきてわかったことは、この孤独な感覚をもって表現されるべき被写体があるということです。

「ひとりであること」、その感覚がなければ撮れなかった写真が確かにあります。
今回撮影した花々には、寂しさと鈍く光る何かを感じて、それを堂々と撮りたいと思いました。

いろんな人や物事と繋がっていると、孤独であることから遠ざかってしまいそうです。
でも本当は、独りわずかな光を求め、揺るぎなく生きたい。そんな気持ちを無くすまいと、
日々の暮らしを整えるような美しさを、その花に感じています。

寂しさをもって見つめることで、人の強さや、優しさを表現できたらと思います。
その試みに、一年付き合ってくれた友人の野澤昌平君に感謝します。

長くなりましたが、ぜひご高覧頂ければ幸いです。

大社優子

「HEARTS AND FLOWERS」
2012.10/9(火)-14(日)
11:00-19:00(最終日18:00)
タンバリンギャラリー
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-3-24
Tel:03-5770-2331
続きを読む

カテゴリー: Info | 「HEARTS AND FLOWERS」大社優子 写真展 はコメントを受け付けていません。

オダギリミホ 絵日記展vol.2 

キッチンシスターズのミョンことオダギリミホの個展のお知らせです。
しばらく産休していたミョンですが、最近モリモリ活動を再開しています。
6ヶ月の妊婦の時から、子どもが1歳になった現在までの驚きと発見をイラストにした絵日記展。
東京でも6月に展示しましたが、好評につき鎌倉でも展示します!
ためになる育児日誌でも、たぶん、慈愛とか母性とかの日記でもありません。
生まれて来たこのポジティブで小さな探究者を理解しようと試みながら、
いつの間にか忘れてしまいそうな、その時の「感じ」を描きました。
1年余り毎日描き続けて来た絵日記の中から100余点を展示します。
どんなかんじかというと、、、




今も日々Twitter(@myonSSD),Facebook,で公開中!
ぜひご覧になって下さい。

展示会場の鎌倉美学は、人々に愛される居心地の好いカフェ。
子育て中のお母さん、現役赤ちゃん、かつて赤ちゃんだっ方、ぜひお越し下さい。

※8/11には200日分の日記をまとめた冊子が到着予定で、お席でゆっくりご覧いただけます。

【オダギリミホ 絵日記展】8月2日(木)〜9月2日(日)
at カフェ鎌倉美学 〒248-0012 神奈川県鎌倉市御成町8-41
Tel&Fax: 0467-22-2233
Open 平日 11:30-15:00 17:00-22:00(ラストオーダー)
   土日・祝日 11:30-22:00(ラストオーダー)
※平日15:00-18:00はクローズします。

☆絵本ライブwith Kitchen Sisters.
8月25日(土)16:00〜17:00
Charge:無料(お飲物等のご注文をお願い致します)
絵本「おっぱいぢゅう〜」、「わたしってなんですか?」の(読み聞かせ)ライブです。

皆様のお越しをお待ちしております!

続きを読む

カテゴリー: Info, Live | オダギリミホ 絵日記展vol.2  はコメントを受け付けていません。

「てをつないで」「わたしってなんですか」 kitchen sisters (2012.7.14manimani live)

葉山manimaniでのライブに来て下さったみなさん、ほんとうにありがとうございます!
当日歌わせて頂いた中から2曲ご紹介します。どちらも荒削りでお聞き苦しいところもあるかと思いますが、ちょっと気に入ってます。
「てをつないで」(作詞:山口めぐみ、編曲:キッチンシスターズ)※mp3
「わたしってなんですか」(作:オダギリミホ)
これからもどうぞよろしくお願いします。
続きを読む

カテゴリー: Info | 「てをつないで」「わたしってなんですか」 kitchen sisters (2012.7.14manimani live) はコメントを受け付けていません。

大社優子 写真展『HaNaUTa』-Tribute to Haruomi HOSONO-

hanauta

3月1日、鎌倉に細野さんがやってくる。

いま、街では細野晴臣さんお気に入りの曲が流れ、その一日のためだけに向けた粋な公式グッズが準備されたりと、
なんだか愉しい気分が高まっている。http://hosonokamakura.com/

すべては、主催の祥見友生さんの天才的な「思いつき」に端を発するのだが、ここへ来てまた思いつきの企画が決まった。
「細野晴臣 トリビュート 写真展」。
細野さんセレクトの音楽がかかる場所のひとつ、食堂 COBAKABAで、その音楽が心地よく聴けるような写真展を、ということで、何と今から2週間ほど前に決まった。この「祥見の思いつき」にはいつもドキドキしているのだが、毎度嬉しい思いつきである。

細野さんセレクトの音楽の中には、‘Ramona’や‘Hong Kong Blues’などご自身がカヴァーされているものもある。どれも映画を見ている様な、ロマンチックな憧れや、粋な感覚に溢れている。そんな気分で、私も自分の写真をセレクトしてみたのが今回の展覧会。旅先で出会った日常の風景と共に、曲の中の詩を幾つか紹介する予定。
日々を朗らかに生きていきたいね、とよく話している祥見さんの言葉は、生きるということの「まこと」を捉えながら、いつも朗らかな未来へ向かっている。朗らかに、誰かの、もしくは自分のハミングが聞こえるような暮らし。それがこんな音楽だったら、素敵なことだ。
だから、『HaNaUTa』。朗らかに、小粋にいこうと思う。

細野晴臣 鎌倉公式グッズ 「HOSONOTE 」(3月1日発売)の中に収められているインタビューや、今回のライブのチラシ、ポスターの写真も撮影させていただいています。写真展と共にそちらもぜひご覧下さい。

写真展『HaNaUTa』-Tribute to Haruomi HOSONO-
2/18 Satー3/1Thu 8:00-17:00(土日は20:00まで)「食堂 COBAKABA」 神奈川県鎌倉市小町1-13-15

大社優子 続きを読む

カテゴリー: Info | 大社優子 写真展『HaNaUTa』-Tribute to Haruomi HOSONO- はコメントを受け付けていません。